産後ガードル、帝王切開でも大丈夫?

帝王切開でも大丈夫?

まず、帝王切開でも使える産後ガードルがあります。気になる方はメーカーに確認するなどしてみましょう。順にオススメなども紹介していきます。

 

一般的には、産後ガードルを着用し始めて良い時期は、産後の1か月~2か月後くらいからがベストと言われていますが、帝王切開の場合は少々事情が違います。

 

帝王切開は通常分娩よりも母体に負荷がかかります。傷の回復やリハビリの期間に日数を要し、入院期間も10日~2週間と通常分娩に比べ長期に及びます。

 

手術の状況や個人差もありますが、帝王切開後は下腹部に約10センチ程の傷が残るので、まずはこの傷が癒えないことには、痛くて産後ガードルどころではないでしょう。

 

では帝王切開の場合は、産後ガードルをはいてはいけないのでしょうか?

 

帝王切開の場合は産後ガードルは必要ない?

人によっては「骨盤を動かしたわけではないから産後ガードルは必要ない」という説を挙げる方もいるそうですが、妊娠中は誰でも「リラキシン」というホルモンが分泌され、その影響で靭帯が緩み骨盤も緩んでいるのですから、引き締めてあげる必要があります。

 

赤ちゃんがお腹にいる間は、通常分娩の人も帝王切開の人も変わらず、緩めの骨盤で赤ちゃんを支えているのですから、当然骨盤もゆがんでいるかもしれません。

 

かといって、あわてて産後ガードルを引っ張りだしても時期尚早というもの。

 

まずは、傷口を治すことに専念してください

傷が乾いてないうちからキツめのガードルなどを身につけると、傷の治りが遅くなったり、傷が化膿して、無残な傷跡が残ってしまう可能性もあります。まずは傷を治す事に専念し、無理に産後リフォームを始めないようにしましょう。

 

帝王切開の人が産後ガードルを利用するのは、傷も乾いて、痛みも軽減する産後3か月後ぐらいが適していると言われています。

 

ただしこの時期にも個人差はありますので「痛い」と感じたり、少しでも傷口に違和感を覚えたら、様子を見ることにしましょう。

 

少しゆったりしたものを選ぶのも良いでしょう

産後ガードルはその効果を十分に発揮してもらうためにも、身体にピッタリなサイズを選ぶのが基本ですが、帝王切開で出産された方の産後ガードルのサイズは、自分に「ピッタリ」のサイズで「少しゆったりめ」のものを選ぶ事をおススメします。

 

伸縮性のあるもの、肌触りのやさしい素材を使ったものが良いでしょう。

 

また、「履く」だけのガードルタイプではなく、ホックやファスナーでのついた、サイズを調整できるタイプの方が良いでしょう

 

基本的に「ゆったりサイズ」のものを身につけると、体に負荷がかかりません。

 

帝王切開の場合にオススメな産後ガードル

帝王切開で出産された方によく選ばれている産後ガードルをいくつか紹介してみましょう。

 

アイマーク・トピナガードル

ナイロンを使っていないので肌荒れをおこしにくく、ダイワボウポリプロという特殊繊維を使用し、肌触りがよく締め付けも苦しくないのが特徴の産後ガードルです。

出産直後から使用可能で24時間着用も可能となっていて、その肌触りの良さから特に帝王切開の方に定評があります。

ただ、あくまでも機能性重視の産後ガードルなので、あまり飾らないところ、カラーがアイボリーしかないところなど、オシャレ感はありませんので人によって好みが別れるところです。

使用中のお直しサービス、無料補正など他にはないアフターケアも付いていますので一度検討してみてはいかがでしょうか?

アイマークという会社は聞き慣れないかもしれませんが、トピナガードルは30年以上続くロングセラー商品で、純国産製品なのでその点は安心です。

≫トピナガードルの公式サイトはこちらです

 

ローズマダム・ロングシェイプガードル

比較的ソフトな履き心地で下腹部に裏打ちがあり、早くからサイドファスナーを採用しているのがローズマダムのロングシェイプガードルです。

サイドファスナーなので傷痕に当たるものがなく、それでもしっかりと引き締めてくれます。

またレースなどの飾りが特徴的で、全体的にかわいい印象のオシャレな産後ガードルです。

ピンクとイエローなど色使いもうれしいデザインです。

またローズマダムでは、マタニティから産後用品まで他にも色々な商品を扱っていますので、一度サイトを訪れてみるのもオススメです。

≫ローズマダムの公式サイトはこちらです

 

ピジョン・スタイルアップ産後パーフェクト3点セット

引き締めが緩やかで一枚履きもできるロングタイプのソフトガードルと、出産直後に使えるウエストニッパー、骨盤周囲に巻くソフト骨盤ベルトが付いて、お値段も大変お得な3点セットの商品です。

帝王切開の方で選ぶ方も多く、出産直後から1年を通して使えるセットで、価格もお手頃なので、迷ったらとりあえず第一候補にしてみてはいかがでしょう?

ピンクとブラックの2色展開です。

ピジョンの産後ガードルは扱っているところも多いので、お求めに際して困ることは少ないでしょう。

≫ピジョン・スタイルアップ産後パーフェクト3点セットのお求めはこちらから

 

帝王切開の場合の産後ガードル選び

今回は帝王切開の方向けに、傷痕に優しい産後ガードルを3点ピックアップしてみましたが、他の産後ガードルを選ぶ際にも、とにかく傷痕に触らない作り方であったり肌に優しい素材を使っているなどに注意してみてください。

また、こちらの比較ランキングで「締め付け・苦しくない感」が低いものを選ぶのもおススメです。

≫≫比較ランキングはコチラ

 

傷の治りが遅くて、産後リフォームに取り掛かれなくても、まずはあせらず気持ちに余裕をもって傷口を治す事を考えましょう。

万全の体調で臨んだ方が、トラブルの元にならずに済みます。

 

とにかくムリをせず、赤ちゃんと過ごしながら時期を待って下さいね。

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

関連記事

 

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『産後ガードル、帝王切開でも大丈夫?』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ