産後にやってはいけない事ってあるの?

やってはいけない事ってあるの?

産後の肥立ちもよく、床上げも済み、いよいよ本格的な産後リフォームの開始です!

取り戻せ産前のボディライン。あわよくば産前よりも細くなったらいいな。
産後ガードルや骨盤ベルトなどの産後リフォームアイテムを手に取りながら、ワクワクとそんな事を期待される方も多いでしょう。
ただしムリは禁物。産後は心身共に非常にデリケートな時期です。

通常のダイエットと同じように考えていると、思わぬ落とし穴にハマる場合があります。
ここでは、産後リフォームと産後ダイエットに関する注意点をご紹介しましょう。

まず、基本的にダイエットに必要なのは「規則正しい生活リズムと食生活」ですが、産後のママの生活リズムは赤ちゃん次第なので、「規則正しい生活リズム」は望めません。
「食生活」も、赤ちゃんを片手にゆっくり食事をする時間もなく、簡単なご飯や、お菓子などで済ませてしまう場合もあり、決して健全とは言えません。
何よりも、朝までぐっすり眠る時間がなくなるので、慢性的な睡眠不足に陥ります。
出産によってホルモンバランスも崩れているので、情緒不安定になり、些細な事でもイライラしたり、自覚がなくても涙が出たり、感情の制御ができないなどといったことも起きてきます。

このような事例は、実際にその状況を経験してみないと自覚しにくいため、、知らず知らずにストレスの要因となっていきます。

効果を焦らないこと

せっかく性能のいい産後ガードルをしているのに、「体形が戻らない」と、無理な食事制限を始めてしまう。「なかなか痩せない」と、もっと小さいガードルにしてしまったがために、下腹部が圧迫されて血流が悪くなってしまうなど、ストレスからのムリな産後ダイエットで、最終的には「産後うつ」になってしまいます。

このようなことにならないためにも、「心身共に健康を保つ」事が大切です。
産後リフォームアイテムを過信せず、赤ちゃんと一緒にゆったりと、自分のペースでダイエットプランを立ててみましょう。

乱れがちな食生活は、きちんと意識して体に必要なものをとるように心掛け、ジャンクフードや間食を避けるだけでも違ってくるはずです。

合わないサイズを無理に着用しない

産後ガードルは細かいサイズ調整がきかないものが多いので、きちんと自分に合ったサイズを身につけること。
選ぶのは「なりたいサイズのガードル」ではなく「今の自分のサイズのガードル」です。

また、着用後はだらだらと履きっぱなしにせず、きちんと洗濯をして、常に清潔な状態で使用しましょう。

繰り返しとなりますが、くれぐれもムリをして体形を戻そうとは思わないように。 産まれたての赤ちゃんも、ママの調子が悪いと、一緒に不安定になってしまいます。何よりも赤ちゃんのお世話が第一。
自分だけの身体ではないという事を念頭に置いて、正しい産後リフォーム・ダイエットをして下さい。

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『産後にやってはいけない事ってあるの?』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ