見た目がカッコ悪くなりそうだけど

見た目がカッコ悪くなりそうだけど

なんとしてでも「出産前のプロポーションを取り戻したい」と、出産後に産後ガードルなどを着用する人は、基本的に「美」に対する意識の高い人たちです。

赤ちゃんを産んでもおしゃれなママでいたい、出産前の服をそのまま着こなしたい、そう思っている人はかなり早い段階から産後リフォームを意識している事でしょう。
中には、赤ちゃんを保育園などに入園させる関係で育児休暇を切り上げ、早々に仕事復帰する為に産後リフォームを開始するケースもあります。
物入りの時期に、わざわざスーツを新調するという余計な出費は避けたいですものね。
おしゃれなママ、働くママに共通するのは「産後ガードルを身につけたシルエットはどう映るの?」「見た目がカッコ悪くなったりしないかしら?」という不安です。

家で赤ちゃんの世話をするだけの生活なら、あまり見栄えなどは意識せず産後ガードルを着用すると思われますが「おしゃれをして街へ出たい」となるとそうもいきません。
働くママの場合は、スーツの下に産後ガードルを身につけた場合、動きが悪くならないか。というのも心配のタネになります。

スッキリ見せるならボディスーツ・タイプ

骨盤ベルトの場合は産前から使用しはじめて骨盤を矯正しながら、産後も継続して使用し続けている人もいますが、着用するパーツが多く「インナー」と言うよりは「器具」というイメージが先行します。
その点、産後ガードルは、ガードル一枚をサクっと履くだけですから、ピッタリと体に密着し、その上から服を重ねてもすっきりとしたボディラインに仕上がります。ただし、モノによっては、少し厚手になっていたり、フックがついていたりと、機能的なものほど「すっきりシルエット」には遠くなってしまうので、注意が必要です。

一般的な産後ガードルによくある「ハイウエストタイプ」のものより、胸下までカバーしてくれるボディスーツのようなタイプの方が、シワによる段差が出にくく、ボディラインを滑らかに整えてくれる効果があります。

締め付けがある分、通常のガードルよりも「美しく着こなせる」という声もあります。
どうしても心配になってしまう人は、下着売り場で専門家へ尋ねるのも一つの手です。

ただし、あまりにもシルエットばかりを気にするあまり、キツめのガードルを購入して体調を壊していしまった、などというケースもあるので、くれぐれもムリをせず、自分に合ったガードルを選んでください。

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『見た目がカッコ悪くなりそうだけど』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ