産後ガードルは寝る時に着用しても大丈夫?

寝る時に着用しても大丈夫?

寝るときの産後リフォームアイテムの使い方は人によって様々です。

日中、よく動く時は産後ガードルを身につけ、夜寝る時には骨盤ベルトや、骨盤ベルトへ切り替えたり、産後ガードルの上に骨盤ベルトを巻いたりする人もいるそうです。

ただ、産後ガードルの上に骨盤ベルトを巻いても、相乗効果はあまり期待できない上、過度な締め付けはかえって骨盤へ悪影響を及ぼしかねないので、併用はオススメしないという専門家の意見も無視できません。

ずれる心配がなく、短時間での寝たり起きたりの生活でも安心して着用し続けられるものとして、産後ガードルが有効かと思います。

ガードルってずっと身につけていたら身体に良くないんじゃない? と心配される方もいらっしゃるでしょう。その点は心配ありません。

ガードルと言ってもタダのガードルではなく「産後」ガードル。産後のデリケートな身体の為に作られているガードルなのです。

まずはご自分が使うの産後ガードルの特徴を知って下さい

産後ガードルには、ハードタイプからソフトタイプ、ひざ上までカバーするロングから股上までのショートタイプまで、さまざまな種類があります。

外出時やアウターに響かないようにするならハードタイプのロングガードル、ボトムが短めの時はショートガードルを使うなどの使い分け、ご自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことになります。

ただし、ハードタイプのガードルは、どうしても締め付けが強く、うっ血などが心配されるので長時間の着用には向きません。

昼はロングタイプ、夜はショーツタイプのものに使い分ける事を推奨しているメーカーもあり、それぞれ自分に合ったタイプのガードルを選ぶ事ができます。

自宅用と使い分けたい場合や、夜寝るときに使いたい場合はソフトタイプを選ぶと良いでしょう。

寝るときに使える産後ガードル

また、24時間着用可能な産後ガードルがあります。

24時間着用に対応したものであれば、たいていの場合は寝るときも問題なく使用できるはずです。

締め付けがキツかったり、すぐにずれてしまうアイテムでは、気になって眠れなくなり、貴重な睡眠時間がどんどん減ってしまいます。

あまり合わないなと思いながらもガマンして、無理に身に着け続けていても、身体にいい影響があるとは思えません。

産後の身体を過信せず、無理だなと思ったら違う商品へ切り替えてみましょう。

寝るときに使いたい産後ガードルの具体例

トピナガードル(アイマーク)

締め付けない、苦しくない、痒くならない(ナイロン不使用)、体温を高く保ち代謝を上げる‥というコンセプトで作られた24時間着用を可能にした産後ガードルです。

ロングとショートがあり、メーカーでは、外出時にはショート、自宅にいる時はお休みの間もロングという生活スタイルに合わせた使い分けを推奨しています。

産後すぐから使用できて、使っているうちに体形が変わったら、無料でサイズ補正してくれるアフターケア(無料補正)があるなど、産後のママのために作られた専用のガードルとして根強い人気があります。

トピナガードルについてはこちらの公式サイトをご覧ください。

トピナガードル公式サイト

スタイルアップ産後パーフェクト3点セット(ピジョン)

ベースとなるロングのソフトガードルにウエストニッパーと骨盤ベルトが付いたお得な3点セットです。

出産直後はウエストニッパーを使い、1か月くらいから産後ガードルを組み合わせ、2~3ヶ月経って落ち着いてきたらウエストニッパーの代わりに骨盤ベルトを組み合わせるようにして使えるので、直後から長く使えるセットになっています。

基本がソフトガードルなので、夜寝るときにはこれ1枚にすれば圧迫感はあまり感じないで済みます。

物足りないときは骨盤ベルトを組み合わせると良いでしょう。

また、ウエストニッパーを腰に巻くようにすれば、サイズ調整もできますので、便利に使い分けることができます。

スタイルアップ産後パーフェクト3点セットについてはこちらの公式サイトをご覧ください。

ピジョン公式サイト

 

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『産後ガードルは寝る時に着用しても大丈夫?』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ