産後ガードルにサイズの選択幅はある?【トリンプ編】

産後ガードルは、自分に合うサイズを身につけるのが鉄則!

サイズが大きすぎると引き締め効果がありません。小さすぎると体に負担がかかり、体調不良の原因にもなります。しっかりとサイズを見極めたいですよね。

今回はトリンプ製品のサイズの選択幅について調べました。

 

 

トリンプ製品、サイズの選択幅は?

 

トリンプの産後ガードルの主力製品である「リフォームガードル」を確認してみましょう。サイズ展開は以下のとおりです。

・64(ウエスト61~67/ヒップ83~93) ・70(ウエスト67~73/ヒップ86~96) ・76(ウエスト73~79/ヒップ89~99)

3サイズ展開は、産後ガードルとしては多くはない方かもしれませんね。

トリンプは人気ランジェリーメーカー。一般的なランジェリー同様、デザイン性に優れている一方、サイズ展開も一般的なランジェリーと同じような印象です。出産前に体重がしっかり増加した方には、厳しいケースもあるかもしれません。

 

トリンプの他の産後ガードルでは、サイズの選択幅がもっと広いものもあるようです。どの製品も同じではない点に注意。トリンプの産後製品で気になるものがあったら、ご自分のサイズがあるか確認してみてくださいね。

 

サイズの選択幅は広い方がいい

 

出産前に、産後ガードルをどれにしようか考えはじめる方も多いと思います。けれども、出産間際に急に体重が増加してしまうなど、自分の産後の体形がどのようになっているか、意外とわからないものです。

 

また、産後ガードルの装着を開始してからみるみる体重が落ち、短期間のうちにサイズの買い替えが必要になるケースもあります。サイズの選択幅がある産後ガードルは、そんな産後の不安定な体形に常に合わせることができるので、やはり良いものです。

 

トリンプの産後ガードルは、ご自分の体形とうまくマッチすればとってもオススメ!

お値段も手頃なので、サイズダウンした時の買い替えもしやすいですね。

サイズをしっかり確認して、快適な産後ライフを過ごしましょう!

 

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『産後ガードルにサイズの選択幅はある?【トリンプ編】』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ