産後の腰痛が解消されない

産後の腰痛が解消されない

出産という大仕事を終えても、ママたちに休むヒマはありません。
産まれたばかりの小さな赤ちゃんはママしか頼る所がないのです。
やれ授乳だ、オムツだ、抱っこだ、子守唄だと、怒涛の日々が始まります。

育児に追われている間はあまり気づきませんが、ふと、腰に違和感を覚えたら要注意です。
違和感は、たちまち痛みへと発展し、慢性的な腰痛持ちになってしまう可能性があるのです。
出産のせいかな、そのうち治るかなと、いままで腰痛を経験した事のない人は痛みを放置しがちですが、実は、お腹に赤ちゃんがいる頃からその要因はあったのです。

ここでは、なかなか解消されない「産後の腰痛」と、その対策についてご紹介しましょう。

産後の腰痛の原因

まず、良く言われる事ですが、産後の腰痛の原因の一つとして「骨盤の歪み」が挙げられます。歪みの原因となる骨盤の緩みは、妊娠中から分泌される卵巣ホルモン「リラキシン」によるものとされています。「リラキシン」は出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいようにする働きがありますが、その影響で周囲の筋肉や靭帯も緩んでしまうため、結果として骨盤にも緩みや歪みを生じさせてしまうことがあります。

分泌される期間は「妊娠中~出産後」と言われ、時間をかけてお産に耐えうる身体の状態を作り上げてくれるのです。
身体が出産仕様の「関節ゆるゆる状態」へとカスタマイズされていても、お腹の赤ちゃんはスクスクと大きくなり、自分の体重は増える一方。

リラキシン効果によってゆるくなりつつある関節で、大きなお腹を支えて日常生活を送らなければならないのですから、腰への負荷は相当なものになります。

こんな段階を踏んで腰痛への道を着実に歩んでいる腰に、「出産」という試練が襲いかかります。

分娩の際、骨盤や周りの骨関節は、バラバラに分解され、分娩が終わると元に戻ります。
分解された骨盤が元に戻らないと「骨盤の歪み」へとつながるのです。

さらに、骨盤が歪んでいる事を知らずに赤ちゃんを抱っこし続けたり、姿勢が悪い状態で授乳を続けていると、腰痛が悪化してしまいます。 「妊娠中からの腰の負担」「骨盤の歪み」「育児による腰痛の悪化」この3つこそが、産後なかなか解消されない腰痛の原因となるのです。

こう見ると、長い間腰痛と背中合わせで暮らしていることが分かります。

腰痛に関しては、産前から前もって準備しておけば悪化する事はないと思いますが、妊娠中~出産~育児のプロセスで腰痛が発生している事はあまり知られていないので、大抵の人が悪化してから腰痛に気付くパターンが多いようです。

腰痛の改善には「骨盤を安定させる」こと

産後の腰痛を改善するには「骨盤を安定させる」事が第一です。

骨盤を引き締める効果のある産後リフォームアイテムは、腰痛改善にもうってつけです。
でも骨盤ベルトは手間がかかるし、ニッパーは安定しないし、という方には、履くだけの産後ガードルがおススメです。

「腰痛」を仕方のない事と言ってあきらめずに、便利アイテムをどんどん活用して、身体に負荷のない子育てライフを楽しみましょう!

≫≫人気の産後ガードル比較ランキング

昼夜、着ているだけで代謝、体温UP!身体に無理なく「痩せ体質」づくり
発売以来、7万人以上のママ達から大絶賛の超ロングセラー!心地良い引き締め感。着るだけで「痩せ体質」づくり。トピナガードルのご案内はこちら

人気のおすすめ産後ガードルを比較!

産後は、体系を整える大事な時期・チャンスでもあります。 このサイトを参考に、ご自身にピッタリのガードルが見つかれば幸いです。

人気の産後ガードルの比較ランキング!値段・評判・期待効果等9つ以上の情報をもとに比較

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『産後の腰痛が解消されない』の前後の投稿はこちら▼

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ